健康と美容のために

口で呼吸できる動物は人間だけなんです!

この記事は1分で読めます


呼吸には口で行う「口呼吸」と鼻で行う「鼻呼吸」があります。
人間以外の多くの生物にも「口」が付いています。
 
ですが、口呼吸ができるのは、実は人間だけなのです。
鳥や爬虫類、両生類は、「軌道」と「食堂」が完全に分かれています。
軌道とは、空気が通る道です。食道とは、食物が通る道です。
 
鳥や爬虫類、両生類の口は、軌道につながっていません。
だから、口呼吸ができないのです。
4本足の哺乳類も、口呼吸ができません。
 
軌道と食道が、ほぼ分かれているからです。
 
犬が「はあはあ」と舌を出しているのは見たことがあるでしょう。
これは「浅速呼吸」と呼ばれています。
 
しかし、人間の「口呼吸」とは本質的に異なります。
「体温調節」が目的で行われているのです。
 
猿は、どうでしょう。
人に似ていますが、やはり、軌道と食堂は別々に分かれています。
だから、うまく口呼吸が出来ません。
 
つまり、なぜ人間だけが口呼吸をできるのかというと、
起動と食道が繋がっているからです。
 
この構造のおかげで、人は言葉を話すこともできるのです。
 
もっとも、生まれたばかりの人間の赤ちゃんは、鼻呼吸しかできません。
息継ぎをせずに、母乳を飲めるのがその証拠です。
 
ところが、おしゃべりを始める頃から、口呼吸ができるようになります。
 
その際、口呼吸だけが定着しないように、おしゃぶりをくわえさせ、
鼻呼吸に誘導する習慣がない国ではよく見られます。
 
実は、口呼吸は体にとって、良くないことなのです。
 
例えば、「関節リュウマチ」「アトピー性皮膚炎」「気管支喘息」などが、
口呼吸と関係していると指摘する専門家もいます。
 
つまり、特別な理由もないのに口呼吸を続けているのは、人間にとって、本当は不自然なことなのです。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP