健康と美容のために

臓器を強くすれば若返る!究極のアンチエイジング食べ方!

この記事は3分で読めます


私たちの体は日々老いと戦っています。
同窓会で集まった時に、同年代の人が集まっているのに、
「老けて見える人」と「若々しく見える人」がいます。
 
全く同じ年齢なのに何が違うのでしょうか?
 
実は、
「日々の食べ物」と「食べ方」
に秘訣があったのです!
 
何を食べるかと同時に大切なのがどう食べるか。
食べ物の栄養をしっかり摂り込み、
余分なものを食べないための2大ルールを押さえましょう。
 

 

若返りアンチエイジング食事の秘密は少食と咀嚼にあり!

若返りに欠かせない食事のルールがあります。
 
それは、「少食」と「咀嚼」です。

少食を習慣づける

なぜ、小食がよいかというと実は、
人間は空腹を感じるほどに体が元気に動き出すのです。
 
現代人はとにかく食べ過ぎで、
肉類などの高たんぱく・高脂肪食を好む傾向があります。
 
食事を減らすだけで、消化への負担が減り、
細胞が元気に動き始めます。
 
1日2食の穀菜食が当たり前だった昔の女性たちは、
5つの米俵を担ぐこともできたそうです。
 
武将たちも重たい鎧を身に着け戦っていました。
それこそ、小職が生み出す力です。
 
食事回数は1日2食が理想です。
 
空腹でアップする5つの力
①体内の有機物質の排出力UP !
②酵素の節約で体の治癒力がアップ!
③内臓を休ませるので機能がUP !
④余分な栄養が減り、代謝アップ!
⑤血液のサラサラ効果がUP !
 

よく噛んで飲み込む 一口30回が目安!

唾液には健康長寿のあらゆる効果が凝縮しているのです。
 
咀嚼によって分泌される唾液は食物の消化や
栄養の吸収をスムーズにするほか、
口腔内の環境も整えます。
 
実は食事の回数が多いほど、口の中の環境は悪化し、
虫歯も起こりやすくなるのです。
 
さらに、噛むことは口の周りの筋トレになるため、
小顔の効果がある、よく噛むことで、
少ない量でも満腹中枢が刺激されるなど、
メリット尽くめです。
 
一口30回噛める食事を目指しましょう。
 
唾液の5つの働き
①消化酵素アミラーゼを分泌して消化を助ける
②口の中の滑りを良くして飲み込みやすくする
③唾液で食べ物を溶かすことで、味覚が鋭くなる
④口の中を大木によって殺菌し、免疫が高まる
⑤口の中の粘膜を保護して、口内を保湿する
 

細胞からイキイキ元気に!人間の体は日々の食べ物でつくられている!

体の中から若々しさを取り戻すために
切っても切れない「食べ物」と「体」の深い関係があります。
 

日本人が何を食べてきたのか知りましょう

老けない食べ方を身につける手始めに、
何が自分の健康と若さに必要なのかを知りましょう。
 
日本人は何を食べてきたのでしょうか?
 
①稲作文化
日本人の主食は米です。
農耕文化の長い歴史の中で、
奈良時代にはすでに玄米を主食とした食事が成立していました。
米といっても、歴史的に見れば、
白米を食べるようになったのはごく最近のことです。
 
②肉食をしない
日本人は穀物と野菜中心の食生活が長く、
消化酵素や腸の長さもそれに適したものになっています。
 
そのために脂肪やたんぱく質を消化するのが苦手であり、
肉食は日本人の体にとって大きな負担となります。
 
③発酵食品が豊か
漬物、納豆、味噌、醤油…。
日本古来の食事には沢山の発酵食品が並んでいました。
 
中でも大豆の発酵食品は、
日本人の食生活には欠かせないものであり、
重要なタンパク源でもあります。
 

現代の食生活は日本人に合っていない!

現代の日本人の食事は、バライティーに富んでいます。
主食一つをとっても、朝はパンを食べて、
昼はパスタやラーメン店夜はご飯と、
食べたいものを自由に選べる環境にある人が多いでしょう。
 
食の欧米化が進み、
肉や乳製品を口にしない日はないという人もいるかもしれません。
 
一見、とても豊かに見えるこの食生活ですが、
健康の視点から言えば、沢山の危険をはらんでいます。
 
日本人には日本人の体に合った食事があり、
これを「食性」と言います。
 
現代の食事はこの植生をあまりにも無視しているのです。
 
玄米と野菜が中心だった戦国時代の武将達は
40kg以上の鎧を身に付けて山道を何十kmも馬で駆け回り、
不眠不休の戦いに挑むという、
現代では想像すらできない強い体を持っていました。
 
そこにこそ、
日本人の体を最大まで健康にする食事の基本があります。
 
健康で長生き、より若い体を作るためには、
今の食事を見直し、
本当に体が喜ぶ食べ方を実践することの大切さを
理解することが第一歩となります。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP