健康と美容のために

血圧の脂質異常症って何?健康診断の血液検査診断の見方

この記事は1分で読めます

コレステロール値、中性脂脂肪値に要注意!

生命を維持するのに欠かせない栄養素の1つに、脂質があります。
体内には、コレステロール、中性脂肪、燐脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂質があり、
血液の流れに乗って、必要とする臓器に運ばれます。
 
必要不可欠な脂質ですが、増えすぎると動脈硬化の原因となるため、
心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性が高まります。
 
しかし、血液中の脂質(血清脂質)が増えすぎても自覚症状がないため、
気づいたときには動脈硬化が進行していることが少なくありません。
 
健康診断の血液検査で、血液中に含まれている脂質の値が重要視されるのも、
命に関わる病気の予防や発見につながる大切な手段だからです。
 
血液検査によって、悪玉のLDLコレステロール値や中性脂肪値が高かったり、
善玉のHDLコレステロール値が低かったりした場合は、
脂質異常症と診断されます。
 
以前は、総コレステロール値や中性脂肪値が高い症状を高脂血症と呼んでいましたが、
善玉のコレステロール値が低すぎる場合も血管がもろくなるなど問題となるため、
これを考慮して脂質異常症という名称に変更されました。
 
血液中の脂質値に異常が起こる原因の多くは、生活習慣からきています。
重大な病気に発展するのを防ぐには、
健康診断を受けて定期的に血液中の脂質をチェックしておくこと、
同時に、毎日の生活習慣に気をつけて予防力をつけておくことが欠かせません。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP