健康と美容のために

美肌効果バツグン!酵素ジュースで誰もが羨む健康美肌になろう!

この記事は5分で読めます


気軽に酵素食を活用するテクニック。これについては毎朝、野菜や食用になる木の実や草の実のジュースを飲むことです。
「しからばシンプル。大至急仕入れに・・・・」
おいおい保留!たんま!待って!!ふつうのドリンクは酵素まで一緒になっているどころとは異なるのです。おまけに、如何ほどのお砂糖があるというのでしょうか?ビックリするかもしれませんが、500mlに50g近い砂糖があるものがあります。50gだと各砂糖(6g)だったなら8個分オーバー。コーヒー限定のスティックシュガー(3g)なら17本分。信じられないほどの分量です。
 
砂糖を暴食しすぎると身体の中の安定性が失われるに限らず、カルシウム又はビタミンB1が浪費状態になるのです。おまけに、当該のアルコールを含まない飲み物を取り込むとしても酵素が山のように消費されていくのです。このポイントは何でもいいからと製品またはサービスの販売促進のソフトドリンク飲料水を避け、生のままの物の野菜、食用になる木の実や草の実で仕上げたハンドメイドのジュースを摂りましょう。砂糖の害が回避することが出来るのみならず、何より綺麗な肌の抽出物の酵素が贅沢に摂れます。

市販ジュースの砂糖

「市販でも、果汁100%のジュースはどうですか?」
ビタミンや食物繊維は期待できますし、甘味料と香料、色素でできているジュースを飲むことから比べれば断然よいですが、そもそも紙パックや缶入りの一般的に販売されている清涼飲料水には酵素は見込まれません。パック管にぎゅうぎゅうにして出荷するものには、菌の検査があります。酵素が生存しているところは検査に通らないのです。
 
酵素という点からイチ押しするのは、原則自作する野菜や果物のジュースです。ジュースはスクイーザーで絞ったり、ジューサーで制作してみるといいですよ。ミキサーとは異なります。ジュースを支持する要因は、ジュースを飲むのは酵素を摂るためなので、すんなりとどしどし飲めることが望ましいから。繊維が多いと消化管の拡大し筋肉質の嚢状の器官に荷重がもたらされすぎて、スンナリと飲めない可能性があります。ミキサーで作るジュースは重く、飲みにくく思う声も多いです。ここはとにかく、ジューサーで絞って作って下さい。ジューサーは、金属の歯がグルグル回り果汁を絞るバリエーションと、野菜や果物を押して(捻り潰して)液を絞り取るパターンを挙げることができます。折角なら熱のかからないプレスタイプをおススメします。残念なことにプレスタイプは金銭量も高めです。余裕のあるように決定して下さい。
 

置き換えダイエット

モーニングのかわりにジュースをイチ押しするのは、「食事は小腹がすっからかんになってから」という理由からです。その根底にあるのは、エネルギーを与え、組織を形成するために動物が代謝する物質は胃袋が空になったところでまるでスポンジであるように、吸い上げやすいと考えることがあります。1日2食小食スタンスで生理学的機能が正常に働かない状態にならない心身を作ることを呼びかけている。体はまず消費し切れない内側にたまっているものを外に出してから滋養分を摂るということ。食材が残留し、消化しきれていない胃袋や腸にまた次にやってくる口に運ばれた栄養物質を送り込んだら、肉体的な消化器官はまるで安静にすることができず、留まることなく働き続けなくてはなりません。1日3回ご飯を食べるというのは、まさにこの応対。朝はまず、身体全体から消費することができなかった余剰分を除去させます。夜に口に運んだものが残留することが少なくないのです。
 
小腹が満たされずグーとなる時があります。特定の場合や状況で、腹部の大掃除をするためにモチリンという名のホルモンが登場します。モチリンの働きは胃から腸にかけて蠕動モーションを活発化させることで、腸の働きを活動的で、効果的にして便を出させます。モチリンは空腹になると出現するホルモンですから、昼まではできる限りミネラルウォーターなどで耐え忍んで、モチリンが出るのを待ちたいのです。モチリンが出て便で内側にたまっているものを外に出してから固形食物を口に運ぶことが、肉体的本来の働きからすると大切なポイントだというとらえ方です。
 
でも、一瞬のうちに1日の最初の食事抜きは困難な人もいるはず。その場合は自分の手で作ったジュースからトライすることを推奨します。野菜や水分をたっぷりと含んだみずみずしい果実のさらりとしたジュースは胃の中にたまらず、すぐ腸に入っていきます。また、吸収が早いので、アサゲを抜いた爆発的な空腹感に苦痛な気持ちに見舞われることが減少します。実は、朝食を口に運ばないと空腹に見舞われるのは、眠りに就く前に大食をしている人という説があります。寝る3時間前は何も口に運ばないようにすると、朝それほど空腹を覚えなくなります。とは言えいままでの生活が当たり前となった人に劇的に朝食抜きは辛い思いますので、生のジュースをおススメします。
 
朝は体が目覚めるとき。細胞動作がテキパキと働くなときです。ジュースで酵素をケチケチせずに補給すると良いでしょう。時間を掛けて習慣化してきたら、起きぬけはゴクゴクとミネラルウォーターを給水するようにして、正午近くにジュースを飲むというのも実行した方がいいです。頭・胴体・手足のすべてから有害物質が抜けて痛快で晴れ晴れとした気持ちになる感じがしてきます。
 
だからと言って、会社で午前中にジュースなんて作っていられない、という方。ならばやっぱり30分早く起きて、朝食代わりにジュースを飲みませんか?
 
酵素たっぷりのジュースを始めると、体の疲れ方が変わってきます。そして朝の酵素ジュースは美肌にはもちろん、ダイエットにもとてもいいのです。長年の習慣だった朝食をコップ1杯約400mlのジュースに変えたところ、2カ月ほどで5kgの減量に成功した方もいらっしゃいます。体も軽いし肌もつやつやとのこと。
 

酵素ジュースレシピ作り方

野菜ジュースとしておススメしたい一般的な野菜は、ほうれん草や小松菜、レタス、キャベツ、白菜、水菜、ピーマンなど。また、人参も水分と甘味が多いのでベースによく入れます。ここで豆知識ですが、人参は土の影響をダイレクトに受けるそうです。いい土から穫れた人参は臭みがないそうです。
 
味のアクセントのヒント
野菜だけのジュースが飲みにくいときは、味のバランスを取るのに、リンゴが有効です。あるいは梨、洋ナシ、メロンを加えて、葉のエグみやクセを適度に和らげれます。最初のうちは、蜂蜜を加えてみるのも手です。蜂蜜は鼻によってかなりジュースの味に差が出ます。(ハチミツ味の違いへリンクするとか)(ハチミツの効能へリンクするとか)
 
個人的には比較的くせのないアカシアが好みですが、お好みで選んでみて下さい。ただし、蜂蜜は自然食のため、2歳以下のお子さんに飲ませてはいけないのでご注意して下さい。
 
お酢を入れるのもおいしく飲むコツです。味のバリエーションが広がります。リンゴ酢、バルサミコ酢など、色々なありますので試してみて下さい。
 
レモンを入れる方もいますが、レモンは少量から様子を見て下さい。葉物のエグさを調節するなら、むしろグレープフルーツがマイルドでおススメできます。
 
セロリはクセがありますので苦手な方は控えた方がよいでしょう。
 
ハーブ系の葉物のも、少量試す程度から初めて、好みをみて下さい。
 
大根は沢山入れると苦みやニオイが強くて飲みにくくなるという方もいらっしゃいます。ほんの少し足す程度で様子を見るとよいでしょう。
 
フルーツジュースレシピ
甘い果物はそのまま食べても美味しいですが、たまには贅沢にジュースにしてみるとよいです。果物だけのジュースは甘くてデザートとしておススメできるほどです。メロンや桃、マンゴーやバナナなどはジュースよりもミキサーで作り、スムージーとしておススメします。ミカンやグレープフルーツ、レモンなどは、多種の果物と合わせるより柑橘類同士で合わせる方がお互いに味をまとめ合ってくれるような気がします。また、皮の白い部分が入るとジュースにクセが出てきます。ここはあえてスクイザーで絞ってみて下さい。力がいりますが、グンと美味しくできます。グレープフルーツ用の大きめのスクイーザーは100円ショップなどでも手に入ります。冬場のミカンのジュースは甘くてとても美味しいです。
 

※グレープフルーツジュース

■材料(1人分)
ほうれん草 1/2わ
グレープフルーツ 1個
■作り方
1、グレープフルーツは半分に切り、スクイーザーで絞る。
2、ほうれん草はジューサーで絞る。
3、グラスに1と2、好みで氷を1、2個入れ、軽く混ぜる

※ほうれん草とリンゴのジュース

■材料(1人分)
ほうれん草 1/2わ
リンゴ 1/2個
■作り方
1、りんごは皮をむいてジューサーに合う大きさに切る。
2、1とほうれん草をジューサーで絞る。
3、グラスに注ぎ、好みで氷を1、2個入れ、軽く混ぜる。

※オレンジとルビーグレープフルーツのジュース

■材料(1人分)
オレンジ 1/2個
ルビーグレープフルーツ 1/2個
■作り方
1、オレンジ、ルビーグレープフルーツの果肉を薄皮から取り出し、ジューサーで絞る。
2、冷たいグラスに注ぐ。
 
※各種のスムージー
メロン、桃、マンゴー、洋ナシなど、甘味の強い果実を氷と一緒にミキサーで混ぜ、なめらかなドリンクにすると立派なデザートになります。おいしさも栄養価も高いおやつです。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP