健康と美容のために

お酢にはキレート作用やコレステロール値が改善されたりいいことずくめ!

この記事は3分で読めます


 

お酢ってどんな食材?

お酢は酸味を所有する調味に使う材料で、料理は勿論の事掃除や
洗濯まで多彩な役に立つ手段が存在しています。お酢には
 
・ぶどうやりんごから作られる果実酢
・とうもろこしや小麦から作られる穀物酢
・米酢
 
があり、ここへ来て健康第一思考にによるバラエティーの増大が顕著になっています。
 
酢を使用してのクッキングとしては、酢飯や酢豚・南蛮漬け・野菜の酢の物など、
驚くほど選択の幅が使用できる料理のアクセントで、ご自宅で活用される回数も高いことでしょう。
 
また、たんぱく質分解酵素の働きを利用して、お肉を柔らかくしたり、
魚の生臭さを取る効果もあり、健康効果をゲットできるのは当然の事、
バラエティーに富んだシチュエーションで使えるんです。
 
こういった類のマテリアルは消臭・滅菌有効性を持っているため、
キッチンや浴室の掃除、柔軟剤の代替えとして、炊事洗濯の際にも大奮闘をしてくれます。
 
酢の主成分は酢酸やクエン酸などの有機酸です。
 
炊事を始めとする掃除や洗濯にと広範囲に使用することができるお酢ですが、
どこにでもあるようなものとして取り入れられることが多い、
穀物酢の栄養素について見てみましょう。
 
穀物酢100gあたり
エネルギー 25 kcal
水分 93.3 g
たんぱく質 0.1 g
脂質 0 g
炭水化物 2.4 g
 
ビタミン類
βカロテン当量 0 μg
ビタミンA 0 μgRAE
ビタミンE –
ビタミンK 0 μg
ビタミンB1 0.01 mg
ビタミンB2 0.01 mg
ナイアシン 0.1 mg
ビタミンB6 0.01 mg
葉酸 0 μg
 
ミネラル類
ナトリウム 6 mg
カリウム 4 mg
カルシウム 2 mg
マグネシウム 1 mg
リン 2 mg
鉄 微量
亜鉛 0.1 mg
 
お酢に含まれている数種類の原材料の持つ栄養効能に注目すべき点が隠されています。
お酢は実際のところは食品に主に風味を加えるので、
お酢そのものは栄養価の高い食品として用いられのではありません。
 

お酢は健康の内においてどういった方法で働くの?

お酢の主成分は酢酸やクエン酸、アミノ酸などの有機酸です。
 
また、クエン酸やアミノ酸には血液をサラサラにし、
血の巡りを推進して代謝周期を上げたり、
感染防御力を改善する働きを示してくれます。
 
この有効性がコレステロールの減少や血糖値・血圧の
上昇抑制につながっています。
 
酢酸やクエン酸は身体の中に入った身体を養うための材料の源や
 
疲弊によってストックされた乳酸を燃焼させ、
熱量の代謝活動をアシストします。
結果として体がスムーズに、元気になり、
パワフルな毎日を送って行くことができるようにもなるでしょう。
 
それのみならず、お酢には次のような内容の役割を果たします。
 
美肌効果
肌の老化現象が引き起こされる過酸化脂質の増加を抑制します。
ビタミンCを壊す酵素の働きを抑制し、
シミやソバカスを防衛して肌を活力がある状態に保ちます。
 
骨粗鬆症の予防
加齢とともに骨密度が低くなり、骨粗鬆症になると、
転んだだけでも骨を折ってしまうような弱い体になってしまいます。
 
食欲増進
胃酸の分泌を促し、消化や吸収を助けます。
 
お酢に内包するクエン酸はカルシウムが吸いこみやすい状況を作り出し、
カルシウムの消化の後体内へ栄養分を吸収する作用率を高めてくれます。
結果的に、骨粗鬆症の予防や神経の昂奮を食い止める良い結果が期待できます。
 

知っていますか?クエン酸のキレート作用

お酢の防腐、抗菌作用はあなたもご存知のところですが、
ヘルシーに効き目を見せる役目も担います。
 
こういった類の要因であるのが、主成分であるクエン酸です。
クエン酸は糖類の代謝サイクルを何の問題もなく進めるのになくてはならない成分です。
 
生物が食べてからだの栄養とするものからのブドウ糖を
エネルギー化するケースに現れて来る疲労物質の乳酸をためない為に、
クエン酸サイクルというシクミで体を倦怠感から保護しています。
 
そして、総コレステロール値を下げたり、血糖値の上昇を抑える、
血圧を下げるなどの働きもあります。
 
効果を得るには、1日大匙1杯(約15ml)のお酢を摂る
ことが重要であることがわかっています。
なお、固形食物を口に運ぶのと一緒に大匙1杯の酢をとると、
食後の血糖値の急増に歯止めをかけることができます。
 
また、鉄やカルシウムなど体に取り込みにくいミネラルを吸収しやすくする、
キレート作用という働きもあります。
 
このキレート作用は抗酸化力にも他人事でなく、お酢が動脈硬化を食い止めたり、
HDLを引上げることにも関わりを持っています。
 

アミノ酸が豊富なのは黒酢

お酢の有効成分として、クエン酸の他にアミノ酸も欠かすことは出来ません。
お酢によってアミノ酸のタイプや含有量が違いますが、
確実であるのは天然醸造のお酢です。
 
ひときわ、ごく自然に委ねて発酵させ、手間を掛けて寝かせる黒酢には、
アミノ酸や有機酢、ミネラルなどがモリモリ内包されています。
 
アミノ酸の一種であるアルギニンには抗酸化作用や血圧を上げる物質の
働きを妨げる作用があります。
 

飲むお酢が手軽でオススメ

お酢は料理に使う以外に、飲むお酢が色々と市販されています。
酸っぱさが苦手な人は、炭酸で割ったり、
牛乳と混ぜてヨーグルト風にすると飲みやすくなります。
 
生の酢をそのまま飲みすぎると、胃を痛めることがあるので注意しましょう。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP