健康と美容のために

ギネス認定「世界一栄養価が高い果物」アボガド!強力な抗酸化作用で動脈硬化を予防

この記事は3分で読めます


 

ギネス認定「世界一栄養価が高い果物」

アボカドは脂肪分がいっぱい含まれて、ネッチョリとした口当たりから森のバターと言われています。
しかし、アボカドの脂肪は、約80%が不飽和脂肪酸で占められていて、
そのうちの60%はオレイン酸です。
 
オレイン酸はHDLを増やし、LDLを引き下げてくれます。
リノール酸も考えている以上に結構あるので、まさにアボカドはコレステロールや中性脂肪攻略法に
うってつけです。
 
また、βカロテン、ビタミンC・Eも十分なので、パワフルな抗酸化の望ましい働きで
LDLの酸化を防ぎ、動脈硬化を阻止してくれます。
 
はた目には垢抜けしない色をしている上、Fruitらしいジューシーさがないアボカドですが、
ギネスブックに「世界一栄養価の高い果物」ということで定義されているということも説得力があります。
 

野菜感覚で食べる

果物と区分されていますが、糖度は1%未満で計測不可能、
ビックリするほど甘みとは無縁の果物です。
 
そういう理由で、野菜感覚でつかう方がピッタリです。
トマトやマグロ、エビなどと組み合わせて、”コレステロール低下サラダ”
はチャレンジしては如何でしょうか。
 
またアボカドをわさび醤油で口にすると、トロの味がすると言われますから、
確認してみるのもいいのでは?
 
このほか、アボカド、トマト、玉ねぎをみじん切りにして、
レモン汁と合わせれば肉や魚料理に合うソースになります。
 
黒く熟したものが食べころ。
ヘタがついていれば、その回りがへこんで隙間ができて1日~2日以内が
目安だそうです。
 

オレイン酸の威力で血液サラサラ、心筋梗塞ガード

アボカドの脂肪分にはオレイン酸がふんだんに包含されています。オレイン酸は、血液の中の悪玉コレステロールを減少させてくれる効き目を持っていて、体内各部への酸素や栄養の補給をしている血液をサラサラにします。
 
このお陰で、心筋梗塞など心臓疾患の危険度を低減する働きが期待できると評価されています。アボカドの果肉は、脂肪分が20%を占めるため「森のバター」とも称されますが、殆どがオレイン酸(不飽和脂肪酸)です。
 

抗酸化作用、老化、動脈硬化予防 – ビタミンA・C・E(エース)

ビタミンEはパワフルな抗酸化の望ましい働きを持っており、細胞の年を取って加齢による衰えに歯止めをかけるベネフィットがあげられます。これだけというわけではなく、ビタミンA、ビタミンCの抗酸化の望ましい働きがより役割を担ってくれます。
 
アボカドはビタミンのA・C・E(エース)を含み、特にビタミンEが役割を発揮しています。また、血液の中のコレステロールの酸化を阻止する有効性もあるので、動脈硬化を阻害します。
 

食物繊維で便秘通促進!ダイエットにもOK

アボカドには食物繊維もモリモリと含有されます。食物繊維は、腸内環境を改善する効き目があり、便秘の更に悪い状況ならなように前もってふせぐことや改善に効果を発揮します。
 
また、食べたという満足感も感じられるため暴飲暴食を軽減させ、スリムアップ作用も見込まれています。
 

ギネスに公認された大量の栄養 – 高血圧予防、代謝促進、細胞の形成

また、生物細胞に必要不可欠な構成要素で人間にとってエネルギーとなる栄養素の糖分の物質が次々と化学的に変化して入れ替わる代謝を促進するビタミンB1、3大栄養素の代謝サイクルを助長するビタミンB2、ビタミンB6はアミノ酸の代謝サイクルをスムーズにし、肝臓に脂肪が溜め込むのを食い止める働きを示してくれます。アボカドがギネスブックに公認されたのは、ミネラル14種、ビタミン11種といっぱいの身体を養うための材料の源にもあります。
 
その中でもカリウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、などがたっぷり含有されます。また、葉酸はDNA合成、赤血球の産生に必須であって、妊娠中の女性のみなさんには欠かすことができない栄養成分です。
 
カリウムは必要以上の塩分を不要分を体外に出す作用を活発化させる効き目があるので、血圧の高い状態や血液が停滞してパンパンに膨れ上がった状態の更に悪い状況ならなように前もってふせぐことになります。
 

高カロリーのため、食べすぎには注意

アボカドは、1日に1/2個ぐらいを基準点にして取り入れましょう。身体を養うための材料の源いっぱいのアボカドとはいえ、食べすぎればカロリーオーバーです。
 
アボカドの過食には気を付ける必要があります。アボカドは脂質が多いため、1個で約220kcalもあります。
 
使い切れなかったカロリーは使ってなくされなければ、脂肪となってしまいます。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP