健康と美容のために

ビタミンEは別名「老化防止のビタミン」ビタミン類の抗酸化力をサポートします!

この記事は1分で読めます

別名”アンチエイジングのビタミン”。活性酸素から堅持するのが勤め

ビタミンEは身体の中の細胞壁や生体膜にいたるところで見受けられて、
細胞の酸化や過酸化脂質の出現を阻止してるのです。

細胞膜の元となるリン脂質には不飽和脂肪酸が内包されていますが、
この部分が活性酸素が根拠になって過酸化脂質になったら、
細胞は連鎖的に損傷されてしまいます。

血管系内を循環している体液中のLDLも酸化されると酸化LDLになって、
血管内壁にひっつきがちになり、動脈硬化へと発展していくのです。

ビタミンEはこのような体の内側が引き起こす活性酸素の害を、
阻止する機能を果しています。

従って、加齢対策のビタミンとも呼ばれます。

また、抗酸化ビタミンとして作動するビタミンCやビタミンAの酸化をストップさせるといったことも
ビタミンEの大きな仕事で、こういった類の抗酸化物質がばっちり結果を出せるようにバックアップしています。

このとき、ビタミンB2を一緒に摂ると、抗酸化作用の総合力がより上昇します。
過酸化脂質が細分化されると、
血流障害からくる肩こりや痔、頭痛等の良くなることにも一役買います。

このほか、黄体ホルモンの原材料になるので、
ビタミンEをガッツリ摂ることで更年期のコンディション不良の好転にも働きを示してくれます。

サプリメントならαトコフェロールを選ぶ

ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、ゴマやナッツ類、
植物油のように不飽和脂肪がたくさんある食品として用いるように用意され得る物質にセットで組み合わされています。

これは、酸化されやすい脂肪を守る自然の防御システムと言えます。
とは言え、これらの食品、封を切ったらできるだけ早めに使い切りましょう。

ビタミンEが豊富でも放置すれば酸化されてしまうからです。
また、ビタミンEには、トコフェロールのα、β、γ、δという種類がありますが、
生理活性作用はαトコフェロールが最も優れています。

サプリメントなどで補う場合には、
αトコフェロールと表示されているものをものを選びましょう。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP