健康と美容のために

油の摂取を減らす方法とは?身近な調理器具で油の摂り過ぎを監視!!

この記事は1分で読めます

油は計量スプーンではかって使う

せっかく肉屋魚で脂肪の少ない部位を選んだり、脂身をカットしても、
調理で油をたっぷりと使っていては効果が上がりません。
 
調理に使用する油もしっかりと調節しましょう。
そのためには、軽量することをオススメします。
 
ボトルから直接フライパンに注ぐのは厳禁、
計量スプーンで使用量をはかります。
 
調理で使う油脂類の使用料は1日20g以内が目安です。
植物油はおおさじ1杯で約12g、マヨネーズもほぼ同じです。
 
小さじなら4~5杯で20gです。
バターのように動物性の脂を使う時には、
風味付け程度に少量を使うといいでしょう。
 

減油できる調理器を利用する

また、炒める時には焦げつきにくいフッ素樹脂加工のフライパンがオススメです。
少ない油でも上手に調理できます。
 
献立によっては、フライパン調理をやめて、
グリルやオーブントースター、網を使って焼けば調理油を使わず進む上、
素材に含まれた油も溶けて落ちます。
 
この他、油を霧吹き状に吹き付けるスプレーも便利です。
少ない油を、フライパンに均一に吹き付けて塗ることができます。
 
最近は健康を意識した機能を持たせた調理器具が、
次々と開発されています。
 
中でも、蒸気で油分や塩分を落とせるオーブンレンジは、
油を減らすのにかなり役立ちます。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP