健康と美容のために

「毛穴」ケアに効果バツグン!毛穴トレーニング基礎編

この記事は8分で読めます


毛穴特訓の時には「落とす」=クレンジングの後に入れるのが効果が期待できます。開け閉め運動をスムーズにさせるには、まず、メイクの不純物をガッツリ落とすことが必要不可欠です。クレンジングは、毛穴トレーニングの求められるセッティングポイントなのです。
 
必ずしも「おとさなきゃ!」とパワーが入りすぎて、ゴシゴシ擦り付けてしまった時は肌に悪影響をもたらしてしまいがちです。クレンジングは、習慣とするというわけですから、もしゴシゴシを1年365日ぶっつづけてしまうことで外傷のストックで、みるみるうちに肌は老け込んでしまいます。その中でも、目の周りや唇は紙のようにぺらぺらでセンシティブなので留意することが大切な部分です。
 

 

基本は「優しく落とす」

上下左右と多方向にゴシゴシするのは厳禁です。ポイントメイクリムーバーをコットンに惜しげもなくふくませて、力を込めないで控え目にすることを意識しましょう。アイメイクは、コットンをまぶたの上に放置してメイクとなじませたあと、まつ毛の方向へくるんとクルクルさせて落とします。口紅も、降格から中心に向けてすーっと動かすだけで、必要ない力を入れないようにした方が良いでしょう。
 
「落とす」だけでなく、血のめぐりも助長するマッサージの働きも併せ持つのが、顔トータルのクレンジングです。然るべきやりかたで実施すれば、次のプロセスである毛穴訓練をより能率的に誘導します。クレンジング料は、クリームタイプ、オイルタイプ、ミルクローションタイプ、ジェルタイプなどありますが、メイクは後ろぎたないの不純物なので、これによくなじむクリームタイプが間違いないでしょう。オイルタイプも油性の不純物とよくなじみますが、肌に仏ような油分まで合わせて拭い取ってしまう場合があるので、ドライ肌の方へはあまり良いとは言えません。ミルクローションタイプ、ジェルタイプは、軽いメイクの時に使うようにしましょう。
 
クレンジング料は、何と言っても容積をケチケチしないことが重要な点です。損すると思いチョットにしてしまうと、肌にこすれが発症してしまってます。余るほど手に取って筋肉の方向に沿い、インサイドより外へ向かってくるくると指の腹でマッサージすると良いでしょう。また、最終的な拭き取りもゴシゴシはもっての外。ティッシュ一枚を顔にひっそり置くだけで十分拭き取れます。こよのうに、クレンジングは、いかにお肌にストレスを与えず、ガッツリ小綺麗に保つかが大事だと考えます。
 

肌をリラックスさせる簡単○○とは?

クレンジングが終わったら、いよいよ毛穴の「温トレーニング」に入りましょう。その「温トレーニング」に、ひときわ確実であるのがスチームタオルです。これを採用するやり方で、後のステップで行うケアの効果をグンと大きくさせてくれるのです。スチームタオルは肌を加熱することによって、角質がやわらかくなり、毛穴がドカ~ンと開いて、毛穴の中の汚れも浮き出してくれます。クレンジングだけでは、遅々として毛穴の奥に塞がった不純物は落としにくいもの。
 
でも、これを通常化すれば、将来的に毛穴の中はツルツルになります!毛穴を開かせる訓練に加えて、汚れている状態も元から断つ効果が期待できるのです。また、この「温トレーニング」には、血管系内を循環している体液やリンパ液のループを促し、新陳代謝を上昇させてくれる効果が見込めます。血の巡りが良くなれば、不純物が出やすくなるとともに、湿り気・油分も入りやすくなって、肌がエネルギーを持たせ活動的にします。透き通る感じとハリをよみがえらせ、顔色がこれまで以上に快方に向かいます。血流障害や新陳代謝の乱れが原因で起こるシミやシワ、くすみなどのお肌のトラブルも予防、是正してくれます。
 
特にクマは、血流不良や代謝サイクルの低下が引き金なので、気掛かりな方は目の周りに的を絞ってあったかくするとよいでしょう。夜、クレンジングをひた後だけでなく、朝のメイク前に採用すると化粧のノリも増加します。疲れが顔に姿を見せてしまっているなど、血の巡りが上昇に向かうことで肌色が明るくなり、顔全体に精力をもたらしてくれます。こんなにも何種類もの悩みを対処してくれるメンテナンスでありながら、準備してほしいのはフェイスタオルのみと大変手間なしです。
 
H2Oでぬらして電子レンジでチンするか、熱湯に浸すのみで準備完了です。セッティングした上で、やけどしない程度に少しクールダウンして、顔に乗せましょう。これで「温トレーニング」はフィニッシュです!めちゃくちゃ楽勝でできますよね。準備に時間がとられしまうケアでは「明日でいいや」と順延することが発生することが多くなります。
 
でも、この「温トレーニング」ならイージーに続けられます。いつものクレンジングにチラチラ取り入れるだけで済みます。この「温トレーニング」はじわーっと肌の奥まで熱が染み渡って、心もとてもリフレッシュできます。疲れが吹き飛ぶような、とても気持ちのいいケアでいいので、是非日常のケアに導入してみることをおすすめします。
 

肌に優しい洗顔の秘訣はフワフワ泡!

クレンジング、そしてスチームタオルの「温トレーニング」を着実に仕上げていれば、「落とす」の段階はすでに済ませています。ですから、これといってダブル洗顔をしてもらったとしても構いませが、「洗浄しないとサッパリしない」という方は、言うまでも無く洗顔をしてもらったとしても問題ないと思います。夏場など、気になる時のみダブル洗顔して、冬場のカサつきやすいケースではダブル洗顔を控えるというテクニックも上手くいくと思います。お肌の様子によっては、洗顔をすることにより重要な油分まで取れてしまうかもなのでしっかり意識してください。
 
ただし、朝一番の洗顔は不可欠です。「朝も洗わなきゃいけないの?」という方がいらっしゃるかもしれません。ながら、朝起きた時の肌も皮脂や汗等に於いて不衛生な状態なので、洗顔料を使ってやんわりキレイにしてあげることが求められます。洗顔をする際にとても気を付けてほしいのは、洗顔料をフワフワになるまで泡立ててから使うということ。泡が作れていないみたいだと、肌が負担を感じてしまいます。100円ショップなどでGETできる「泡立てネット」を利用すれば、洗顔料もわずかで済み、手間を掛けることなくいとも簡単にふわりの泡が作れます。
 
また、クレンジングのところでもご説明したように、ガシャガシャと洗顔するのはもっての外です。洗っているとき、皮膚が上下に動いてしまっていたら、「力の入れすぎ」というサインです。顔全体を泡で包み込み、コロコロするように優しく洗います。案外スルーしがちな耳の後ろも清潔さを失った状態になりやすいパーツなので、洗い忘れのないようにしましょう。
 
ピカピカにしては、ぬるま湯でていねいにして、洗い残しは肌トラブルを招く原因になるので用心。特に、髪の毛の生え際と首との境目などは、バッチリと洗い流してください。最後には、ヒンヤリした水を顔全体にかけて、毛穴を引き締めるようにします。もし、スクラブを使った洗顔をするなら、10日~2週間に1度を判断基準にして行います。当たり前みたく使ったり、こすりすぎると肌の表面が一気に剥がれてしまいます。外見上はツルツルでキレイに見えても、それは磨耗してしまったにしかすぎないのです。
 
かけがえのない肌の層をカバーできなくなるうえ、水分を吸収しにくくなってしまいます。洗顔ひとつをとっても、自分おお肌の状態を常に気にしてあげることが重要です。そして、それに合った洗顔方法を行うことが大事なのです。
 

毛穴引き締めに一層効果のある方法!

「温トレーニング」のあとは、「冷トレーニング」を入れて実践するといいでしょう。「温」のみならば毛穴は開きっぱなしです。この「冷」をストップすることなく行い、開いた毛穴をキュッと締めつけて終わることが欠かせません。この「冷トレーニング」は、スタンダードの肌ケア「潤す」の部分で導入します。「潤す」は、モイスチャー補給のこと。
 
「温トレーニング」で毛穴が開いたところに、時間を置かず水分を惜しげもなく入れてあげることで毛穴がキュッと締まります。化粧水は、冷蔵庫などで冷たくしておくと、なおさら引き締め効き目がアップします。化粧水をつけるときに大事なのは、毛穴を上にあげるように下から、上へと軽やかにパッティングすることです。
 
「なまけた毛穴」に活を入れ「上へ!上へ!」と気を付ける必要があります。それから化粧水は、なんといっても量が命です!ちまちまつかって、お肌がほしがっている容積を目一杯に補充不可能な場合は、どんなケアも効力が減ってしまいます。手のひらで肌をそっと包む「ハンドプレス」を行い、インサイドから、跳ね返してくるレベルの状況を保つまで、幾度となく贅沢に水分を肌へ取り入れてあげましょう。
 
「ハンドプレス」は、あなたと肌との外せないコミュニケーションです。このときのお肌の感情に影響を受けて、臨機応変に、さらにセラム(美容液)やアイクリームなどを継ぎ足して、次の「フタをする」に移ります。「フタをする」のは、水分が脱出しないように、油分の入った乳液やクリームなどでコーティングしてあげることだと言えます。これをしなければ、せっかく不足を補った水分も見る見るうちに逃げていってしまうのです。
 
別の角度から見れば、特に油分の多いクリームなどでフタをしてしまった後では、水分やセラム(美容液)、アイクリームはあっさりとは行き届きません。きちんとした順序を会得しておかなければなりません。乳液、クリームは手で温めてから「ハンドプレス」で圧縮するような感じでつけます。そのようにしてみることで、左記についておいたセラム(美容液)などを崩さずに、細部に至るまで、しっかりフタができるのです。化粧水が水分なら、乳液やクリームは栄養成分です。
 
双方を充足させることで、初めてお肌の状況がバランスに配慮して保てることになります。なお、顔トータルの手当てするのと一緒に、加齢現象が現われ易い首やデコルテにも水分・栄養分を押し込んであげることを意識しましょう。
 

乾燥肌でお困りのあなた!応急処置トレーニング公開!

ベースの毛穴トレーニングは「クレンジング+温トレーニング」「水分補給+冷トレーニング」といったように、日々のケアで済むのです。ですが、特にカサカサが気掛かりな場合は、「温パック」においての「スペシャル・温トレーニング」を採用してみる方が良いと思います。カサつきが強烈に進行した肌は、水分、油分が必要とされているため、カサつきをとおりこしてガビガビに凝り固まっています。ちょっとやそっとの水分では微動だにしない、まるで砂漠のような状態になっているわけですから、ベースの「潤す」「フタをする」だけでは、潤い原料がキッチリと分子レベルで取り込み不可能になっているわけです。
 
いつまでも、構わずにいれば、シミシワといった肌トラブルに結び付いてしまうでしょう。そのために、最初のうちは「温パック」をすることを通じて、表皮をやわらかくして栄養取り入れをしてあげる、そして従来通りにモイスチュア効果材料が入っていけるコンディションへ導くことが求められるので。この「温パック」は、化粧水で水分補給する、保湿クリームをドサっと塗る、食品用ラップで顔を包む、スチームタオルで温める、というプロセスでしています。
 
食品用ラップは、クリームを肌に密閉させることで、クリームの栄養成分を押し込める効果が見込めます。さらに、上からスチームタオルであったかくすることを通して、表皮がゆるみ、角質をやわらかくする有用性が見えることになります。それとあわせて、スチームタオルの熱で毛穴がばっちり開くので、栄養分がとことん入り口から遠い深部まで広くすみずみまで行き渡っていけるようになるのです。
 
重要なことは、クリームをケチらないでに贅沢に大量に塗ってあげることです。目元口元など、どんなことよりカサつきが心配なポイントだけ塗っても良いのです。その場合でも、肌が覆われるくらいに、たっぷりと乗せましょう。また、このケアに着手するまでにスチームタオルを首に巻いて温め、リンパ液のサイクルを促進するようにようにすると、ターンオーバーも躍進しますので、その後の「温パック」の有用性が、これまで以上に上昇します。
 
当初からサブスティテューションが高まっている湯銭の中でやり通せば、なお良い結果になるでしょう。この方法のほかに、マリン由来のヒートマスクを使った「温パック」も一押しです。顔だけでなく、体までヌクヌクになり、肌が促進されていくのが誰の目にも明らかに感じ取れます。
 

肌トラブルが改善!究極の「スプーン・パッティング」

基本の「毛穴トレーニング」にぜひ、体験していただきたいGoodな「冷トレーニング」が「スプーン・パッティング」。水分・油分取り入れするより先に、温度を下げたスプーンで肌を「パタパタ」と軽くただくだけ、という簡単な方法です。生活習慣の中で、ごく馴染みのあるキッチン・アイテムのスプーンですが、実はスプーンの裏の丸いカーブは、肌にドンピシャリマッチしたラインなのです。
 
しかも、柄の端を持ち、手首の力を利かせて叩くと、ピタッとよい刺激が提供される重さなので、まさに特訓の時にに一番合っているグッズなのです。身近なものでできて、必要以上の力も要求されることがない。にもかかわらず費用対効果はバツグンだと言ってもいいでしょう!至って理に適ったトレーニングです。その有効性として、まず取り上げられるのが、スプーンがキンキンのコンディションなので、開いていた毛穴をキュッと引き締められること。
 
スタートを切る前、毛穴を開かせるために血のめぐりやリンパの出来事が途絶えることなく続く促しておくと、より一層、開閉運動ができて成果もアップし、「なまけ毛穴」をシャキっと立たせることが難しくありません。そう言うことから、カチカチのたるんだ肌も引き締まるようになり、二重あごも解消、小顔効果が期待できることに結び付くのです。さらに、トントンして目覚めさせることにより、血の巡りを促進、肌が促進される効き目を発揮してくれます。これは、たたかれて、ハットした毛細血管が一旦ちっちゃくなったあと、そのリアクションで瞬く間にアクションを起こすことが理由です。
 
いわゆるショック療法です。肌が活性化されれば、老廃物はドンドン出ていってくれます。これによって、シミやシワ、くすみも解消され、肌はいつもみずみずしい状態を保てるようになります。ただし、「叩けば叩くほどいい」ということではありません。やりすぎは、肌にダメージを与えてしまうので適度な「パタパタ」を心がけて下さい。
 
スプーンは、自分の顔のサイズに合ったものを選ぶと使いやすいです。頬部分は大きめ、鼻や目のまわりは小さ目といったように、たたく場所によって大きさを使い分けるのがポイントです。どんなケアでもいえることですが、大切なのは継続することです。毎日1~2分、少しずつでいいので、騙されたと思って続けてみて下さい。日々、肌の悩みが改善されていくにつれ、ドンドン楽しくなり、やる気が沸いてきます。
 

自宅にあるアイテムで美肌に!

毎日の肌ケアは、続けられることから行い「楽しみながら」を意識していれば、思わぬアイデアも浮かんできます。例えば、意外に役立つ万能アイテムが、お家の中にも転がっているんです。ここではその一部をご紹介します。
 
まずは、氷。お風呂場での「温冷トレーニング」に使用するのですが、湯船に浸かって、体がポカポカ温まってきたら、用意した氷を顔にのせて、内側から外側へ円を描いて動かします。肌が温まって毛穴が開いている状態に、冷たい氷でキュッと引き締めることで温冷効果が生まれます。
 
お風呂場というあらかじめ用意された「温」の環境を使ってできる究極のトレーニングなのです!この方法はクレンジングが済んだ肌で行いましょう。冷凍庫で保冷剤がみつかったら、ぜひ「冷トレーニング」をしましょう。化粧水を含ませたコットンを顔に乗せ、その上から更に保冷剤を載せます。これをすることにより、水分をより入れやすくさせ、毛穴を引き締める効果がアップします。
 
キメの細かい肌を導けます。また、保湿剤は、津チームタオルの代わりに。保冷剤と交互に使えば、これで「温冷トレーニング」ができます。それから、ペットボトルもかなり使えます。就寝時はただでさえ、体から水分が出て行ってしまうため、暖房や電気毛布などを使うと、朝起きたら顔から体全体でまでガサガサの砂漠肌になってしまいます!「でも、冷え性がひどくて・・・」という方には、2リットルサイズのペットボトルにお湯を入れる方法がオススメです。
 
このペットボトルを寝る前に布団の中に入れておけばm水分を必要以上に逃さず、湯たんぽ代わりになります。また、温冷それぞれの500ミリリットルサイズを交互に脇の下へ入れれば、リンパの流れを促進させ、顔入れがグンとよくなります。同じ用途では、缶コーヒーも便利です。
 
「目がむくんでしまった」「クマがひどい」といったときの応急処置に、目の上に乗せて「温冷ケア」をする方法もオススメです。「冷トレーニング」で紹介した「スプーン・パッティング」は、スプーンを温めて「温トレーニング」にも応用できますし、そのほか、スチーマー代わりにケトルの蒸気を使ってみたり、(くれぐれもやけどに注意してください)、シルバーのサラダボウルやお玉を冷やして広範囲の冷トレーニングに使ったりと、あなたのまわりには「使えるモノ」が沢山潜んでいます。継続できそうなことを、身近なものでコツコツと無理なく少しずつ取り入れていきましょう。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP