健康と美容のために

ピロリ菌って何?胃がんの原因の99%!?

この記事は2分で読めます


ピロリ菌は胃腸の不調と胃がんを引き起こす元凶です。

 

Q、ピロリ菌とはどのような菌ですか?

A、胃の粘液に住み着く細菌。胃の荒廃の原因!

 
ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)は胃の粘膜に住み着いて胃の中で炎症を起こし、胃がんの原因になっている細菌です。
 
一度ピロリ菌が胃の粘膜に感染すると、治療(除菌)しない限りずっと住み続け、目立った自覚症状は無くても、少しずつ胃を荒らし、100%胃炎を引き起こします。
 
胃がんの99%以上はピロリ菌の感染が原因
ピロリ菌に感染したことがない人は、ほとんど胃がんにはかかりません。
 
最近の研究によると、胃がんの現任の99%以上がピロリ菌の感染によることが明らかになりました。
 
胃がんにかかった人の胃を調べると、ほとんどの人の胃にピロリ菌が見つかり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍も引き起こすことがわかっています。
 
そこでWHO(世界保健機関)は、ピロリ菌を「明確な発がん因子」と定義しました。
 

Q、ピロリ菌の有無はどうしたらわかりますか?

A、「胃がんリスク検診」などで調べます

 
40歳以上の日本人の70%がピロリ菌に感染していると言われ、特に1960年以前に生まれた50台の人は要注意です。
 
ピロリ菌検査は、自治体が行なっている「胃がんリスク検診」で検査するか、病院で「ピロリ菌検査をしたい」と言えば検査することができます。
 
一番簡単な方法は血液検査ですが、他に「尿素呼気検査」「内視鏡検査」「便中抗原」があり、2種類以上の検査で調べるのが理想的です。
 

Q、どんな経路で感染するんですか?

A、井戸水や親から子への食べ物の口移しで感染します

 
ピロリ菌に感染するのは、体内の免疫機能が確立する前の、5歳までの幼少期が多く、感染ルートは主に次の2つが考えられています。
 
①井戸水を飲むこと
②ピロリ菌に感染している親や祖父母からの、食べ物の口移し

 
大人になってから口からピロリ菌が入ってきても、多くの場合は胃に入るまでの間に殺菌されてしまいますが、幼少期は免疫機能が不十分で、胃酸も弱いため胃に住み着き、大人になってもそのまま生き延びているというわけです。
 

Q、ピロリ菌を退治することはできますか?

A、抗菌薬と胃酸を抑える薬を服用して、除菌します

 
2種類の検査をして感染していることが確実になったら、すぐに除菌しましょう。
 
除菌方法は、胃酸を抑える薬を服用しながら、抗菌薬を1週間服用します。8週間後、再検査して除菌が成功したかどうかを確認します。
 
現在、胃酸を抑制する効果の高い「タケキャブ」という特効薬が開発され、除菌率がグンと高くなりまし。再検査でピロリ菌がまだいた場合は、薬の種類を変えて、再び除菌します。
 

Q、除菌後の生活に制限はありますか?

A、制限はありませんが、胃酸の分泌が増えます

 
ピロリ菌を除菌すると、胃酸の分泌が回復して増えるので、軽い逆流性食道炎になることがあります。
 
しかし、胃酸の量は、ピロリ菌がいない健康な胃の人と同じ程度であることが、様々な研究によりわかっています。
 
逆流性食道炎になったとしても症状は軽く、弱い胃薬の服用ですみます。
 
逆流性食道炎を恐れてピロリ菌を除菌せずに放置し、胃がんになるリスクを考えれば、除菌した方が良いでしょう。
 

Q、除菌したら胃がん胃はかからないのですか?

A、確率はゼロではありませんが、発生率は3分の1に

 
ピロリ菌に感染している人は、していない人に比べて胃がんの発生率が100〜150倍ですから、胃がんの予防にはピロリ菌の除菌が欠かせません。
 
ピロリ菌除菌後、胃がんにかからない確率は、ゼロとは言えませんが、ピロリ菌に感染している人(除菌していない人)に比べると、胃がんの発生率は3分の1に激減します。
 
胃の中にあった炎症がなくなります。除菌後も定期的な内視鏡検査を受け、ピロリ菌を根絶しましょう。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP