健康と美容のために

「毛穴」ケアを更に効果的に!毛穴トレーニングスペシャル編

この記事は9分で読めます


国内には魅力がある四季が見られます。シーズンごとに気温、湿度に変化があるため、個々にあった肌のお手入れを始めることが必要不可欠です。なかんずく12~3月と夏のシーズンは、肌からすれば盲点の季節です。このポイントをどういった方法でやり過ごすかで、それから先の肌年齢に大きな相違点がやって来ます。
 

 

毛穴美人の大敵は冬だった?

国内には魅力がある四季が見られます。シーズンごとに気温、湿度に変化があるため、個々にあった肌のお手入れを始めることが必要不可欠です。なかんずく12~3月と夏のシーズンは、肌からすれば盲点の季節です。このポイントをどういった方法でやり過ごすかで、それから先の肌年齢に大きな相違点がやって来ます。裸例を最低限度にとどめるために、12~3月、夏の期間は並外れたケアを外すことができません。
 
12~3月は、温度の減少が原因となって、血の巡りが衰えて、代謝サイクルも下がってしまい、人の体の表面をおおっている組織である肌が本来しておくべき「出して、取り込む」の機能がペースダウンする時期です。これ以外には湿度が低い上、暖房の作用もあって、なにかと素肌の保湿力が奪われがちです。この状態では、モイスチャー・油分不足を補うことが完全に行えずカサカサ肌を呼び起こしてしまったり、「出す」ことができず、毛穴に紛れ込んで体内に不要となった代謝産物が詰って、黒ずみをもたらしてしまうわけです。
 
このような疲れ切ってしまった人の体の表面をおおっている組織である肌をお決まりの肌の状態に高めるためには、まず体を保護する生まれながら備える覆いで、触覚を持つ場所である肌を煽り立てること。「温冷トレーニング」で毛穴の開けたり閉めたり力を入れることを行動的にし、代謝サイクルに拍車を掛けて「出して、取り込む」という作用を復活させてあげるのです。
 
また、暖房から手助けしてもらって開きっぱなしを招いてしまった「なまけ毛穴」をたたき起こす有効性もあるので、寒い季節こそ、ガッツリ温かくして、ガッツリ温度を下げることが当たり前といえるという意味です。その後に、これ以上ないほど「水分を与える」ことが欠かせません。化粧水分類群をこってりではないタイプからさっぱりではないタイプに変え、どんな時にも増して、惜しげもなく水分を取り入れてあげるようにします。
 
その状況または源から、常日頃が「化粧水+乳液」のプロセスだとすれば、これにセラム(美容液)やアイクリームを上乗せしてあげる、乳液の後にもクリームを継ぎ足してあげる、なんていう風に、肌のお手入れの一連の流れをプラスして生物が生命を保ち、また成長するために体外から取り入れる成分を更に多く足していった方が良いでしょう。また、水分が失われた状態のパサつきがひどく人の体の表面をおおっている組織である肌がカチカチに硬質化してしまうことになれば、巣印ケアの工程を変えるのも得策。
 
水分が失われた状態のパサつきがひどいときなどというのは、人の体の表面をおおっている組織である肌が潤いを取り込みづらくなった状態ですから、いきなり化粧水を付加されても安直には染み渡ってくれません。何をおいても、少し油分の入ったこってりではないタイプの乳液を利用することで、外に現れている部分の角質をやわらかくする効用が見られます。スチームタオルで人の体の表面をおおっている組織である肌を温かくしてから行うと、格段に他に働きかけ、作用することによって起こる好ましい結果がアップします。
 
開いた毛穴に化粧品の中に含まれている栄養となる成分がドンドン染み渡っていき、人のからだを覆う表皮が活動を生み出す力を取り戻します。そういうパターンのとき、乳液の後に化粧水、かつ乳液、最後にクリームといったプロセスでフタをします。これ以外に、冬の季節の洗顔した時には、湿気の乏しい状態を酷くさせるお湯は使わずに水ですすぐこと、またどうしても必要な油分まで除去してしまうダブル洗顔は外すなど、細かい部分にわかって意識してください。
 

インナードライと紫外線の正しい対策方法

一年中で最も高温・多湿で、日中が長い夏の人の体の表面をおおっている組織である肌は、汗をかきやすく、ベタすきがちですが、目耳得る外に現れている部分と内側では、大きな違いがあります。この時期、毛穴は皮脂を分泌する「出す」運動が活発化するので、肌の表面には油分が多く出ますが、中のほうでは、うまく水分・油分を取り込めず、驚きですが水分が失われた状態のパサつきが強化されて安定性が失われています。
 
これが、一年中で最も高温・多湿で、日中が長い夏、通有ではない肌トラブル「インナードライ」です。ベタつくからといって化粧水だけで終わらせてしまったり、何でもかんでも洗顔をリピートしたりと、外見上の肌の状態だけを見て、勘違いのケアをしていませんか?欠かせない水分・油分充填が実施していなければ、人のからだを覆う表皮は自分を防衛するために皮脂をやたらと生みだしてしまうのです。
 
結果的に、外に現れている部分はさらにベタつきが激しくなり、表皮の中の方では、これまで以上に水分が失われた状態が酷くなるという局面になります。「出そう、出そう」と力をじゅうぶんに出して努力している毛穴は、それだけで精一杯なのです。「取り込む」時に使うパワフルさが弱体化しているので、夏でも水分・油分をバッチリ肌へ取り入れてあげることが望ましいのです。
 
また、皮膚の表面にある、毛の生えている小さな穴の開きがきになるのも、この季節です。朝方起きたら「スプーン・パッティング」による「冷トレーニング」で寝ぼけた毛穴をたたき起こし、キッパリと引き締めるようにします。スプーンは前の日の夜から、冷蔵庫でクールダウンしておくことで、ひときわ実用的です。そして、誰が何と言おうと一年中で最も高温・多湿で、日中が長い夏の天敵といえば、日光の紫外線。紫外線はシミを作る誘因であり、人のからだを覆う肌に広大な損傷を及ぼしてしまいます。

春と秋の間で、6・7・8月が夏でその前の5月が何にもまして太陽光に含まれる紫外線が強い時期といわれているので、スピーディーに防御するよう留意することが大切です。ただし、必要以上のケアはダメです。UVプロテクト・クリームはコーティング力が強いので、塗りすぎると肌の外に現れている部分が硬質化してしまい、水分が失われた状態のパサつきを深刻化させてしまうケースもあります。
 
その中でも、SPF度数が高いクリームの使用は、肌に向けてのダメージが大きく、シワがもたらされる原因にもなることだってあります。また、UVプロテクト・クリームは、例外無く専用のクレンジング料を使って、意識して落とすことを目的にしましょう。それを怠っていると、クリームのカスが毛穴にドンドン溜まり根詰まりを起こして、人の体の表面をおおっている組織である肌本来のする必要がある作用が佇んでしまいます。
 
その他には不用意にも日に焼けてしまうケースは、まず平常状態に戻すことが必要不可欠になります。鎮静作用のある化粧水で水分補給をし、人のからだを覆う表皮が鎮まるまで刺激を与えるメンテナンスは止めた方が良いです。一年中で最も高温・多湿で、日中が長い夏は、信じられないトラップが数多く散見されるシーズン。賢明なケアを自薦して、はつらつとした肌様態で克服することを目標にしましょう。
 

毛穴の黒ずみ改善は「毛穴」トレーニングで改善できる!

毛穴のポツポツした黒ずみ。これに関しては、多数存在する肌トラブルの間にあっても、近頃とりわけ着目されられているものでもあります。本当は毛穴の黒ずみは、皮脂の分泌量が促進され、毛穴に皮脂が目詰まりを起こした異常事態を黙って見ていることから発生します。皮脂の分泌というのは、毛穴が肌を保護するために実施している必要な事ですから、これそのものはデメリットとは異なります。
 
なんですが、肌に汚れた不純物を持っている状態を残したままで放置しておくと、その汚れが分泌された皮脂とともに毛穴に目詰まりして酸化反応を引き起こして黒ずみになってしまうのです。これは、毛穴が開いたままでカチコチになって「出して、取り込む」ことが困難になったケースでも見つけることができますので、何もしないでおけばほかの肌トラブルも招いてしまいます。では、その黒ずみを防御、正常化する方法とは何でしょうか?
 
実は極めて単純明快で、毛穴をしっかり開いて汚れを取り除く、その後は毛穴をしかり引き締める。この2つに尽きるのです。結局のところ、基本の「温冷トレーニング」を長期的に実行していただければ、ほとんどのケースでは、予防、改善ができるわけです。ただし、特に汚れがたまりやすいTゾーンなどは「どうしても気になる」というお困り事もあるでしょう。

このような方には、スチームバス+スプーンを用いた「温冷」スペシャルケアをイチオシします。スチームバスは、洗面器にお湯を入れ、バスタオルで大気内であるが沸点未満で放散される蒸気の状態の水を包み顔全体に冷たくなく、また熱すぎもせず、程よい状態のスチームをあてるというものです。これで、毛穴が開いて中の皮脂や汚れが落としやすくなります。次にスプーンは、それを上手に掻き出すために使います。スプーンの縁を横すべりすると、おもしろいほど皮脂や汚れがとれます。このスプーンの工程はスクラブ洗顔に取り替えることも可能ですが、どちらも週1回~10回に1度を目安にします。
 
やりすぎると肌にストレスを溜めさせてしまいます。また、はがすタイプのパックは角質まで取れてしまい、肌をきづ付けやすいので状況が許す限り使用は控えましょう。「温冷」の最後は、よく冷却した化粧水か、収れん化粧水で毛穴の引き締めをしましょう。
 
更に、冷やしたスプーンや氷などで抑え込んでしまえば、より一層引き締め効果が向上します。スチームバスのお湯にはアロマオイルやハーブを追加するのが奨励できます。エッセンスの種類によってそれぞれ働きが期待できるので、肌コンディションにあったものを適用するとよいでしょう。フレグランスによるヒーリング効果で心もゆったりできます。
 

たるみにも嬉しい!デトックスマッサージ

人のからだを覆う表皮のたるみは「老け顔」を作る因子の一例です。裏を返せば、たるみが改善されれば、小顔作用も果たしますし、本当の年よりも格段と活き活きしている印象を与えられるとなるというわけです。そのたるみになるきっかけとして言われるのが「なまけ毛穴」です。ダラーンと下を向いてしまった毛穴は「たるみ」そのもの。
 
基本の「毛穴トレーニング」によって、毛穴を引き締め、シャッキっとたたせることが大切だと考えます。スプーン・パッティングによる持続的なトレーニングは特に得策。叩くことで、常日頃からあまり利用しない顔の筋肉も刺激できるので、気掛かりなフェイスラインのたるみもリフトアップしてくれます。もうひとつの原因は、うっ血です。このうっ血は、静脈血流のサイクルが悪化した間に起こります。
 
静脈血順調に進まないと、代謝サイクルが衰えて、体内に不要となった代謝産物や毒素を出すことができなくなってしまうのです。つまり、うっ血しているときには、体が自分でできないデトックス(毒素排出)を、外からうながしてあげることが求められるわけです。これには、普段のマッサージ法と違う「デトックス・フェイシャル・マッサージ」を取り入れます。
 
だいたい、顔のマッサージは、筋肉の流れに逆らわず行います、このマッサージは静脈のとぎれのない流れ気にかけて行います。私たち人間の顔には、老廃物除去を促進することを可能にする静脈の流れがあるので、それに対応させてアウトサイドから圧を加えてあげるのです。例えば、普段のマッサージでは頬を下から上へ持ち上げるように行うものを、このメソッドでは、下から上へ流すなんていう風に手の動作法も差が出てくるものです。だからと言って、ハードルが高すぎることは何もありません。
 
次のHOWTOで顔の静脈の流れや、マッサージのテクニックを見ていただきながら、ゆっきり時間を費やしてやり通してみてください。このマッサージを行うと体を内側から綺麗にする効果も、生体内で、物質が次々と化学的に変化して入れ替わる代謝もアップしますので、たるみを改善するだけでなく、むくみやくすみも解消、顔色がグンといい状態になります。また、腸が異常なところがない状態で活動するようになるので、便秘解消の役割も望めます。中心として取り入れるのではなく、じわじわとキープされるこを心がけていただければドンドン嬉しい効果があわられるようになるはずです。
 

美毛穴の秘訣は正しいターンオーバー

できてしまったシミ、「もう、いいや」と断念してしまっていませんか?シミは、人の体の表面をおおっている組織である肌の真の力だけでは全体にわたって取り除くことはできないまでも、僅かばかりのケア次第で、ジワジワとほんの少しにできたり、それ以上のエスカレートを防ぐことが出来るということ、それを皆さんにもぜひ知っていただけたらと思います。「私はシミがないから大丈夫」とう方もいらっしゃるかもしれません。
 
ですが、今は問題ないだろうでも、数年後はどうであるのか多くの人にとっては明らかではありません。シミ予防は前々から組み込むことが大切です。でも、元を辿ればなぜ、シミはできてしまうのでしょうか?そのバックグランドにあるのは、太陽光に含まれる紫外線とメラニンの位置づけが大きく影響しています。肌の表皮(皮膚の外側の層)は、紫外線にさらされると、まず、真皮(皮膚の内側の層)を守るために紫外線吸収力のあるメラニンを作り出します。このメラニンは、紫外線を取り入れる役目が終わったらつうじょう、肌のターンオーバー(新陳代謝)によって垢となり剥がれ落ちるものなのですが、表皮が受ける太陽光に含まれる紫外線量がいっぱいあり過ぎたり、肌の新しいものが古いものと次第に入れ替わる新陳代謝が悪化すると、メラニンが出ていかず、その状態で真皮に張り付いてしてしまいシミとなってしまうわけです。
 
その結果、シミは「メラニンが正常どおり外に派出できない状態」が生んだ肌トラブルということなのです。このポイントを阻止するには、何はともあれ、強い陽射しから人の体の表面を覆っている皮膚の外側の層を防御してあげることです。UVカット効果が高い化粧品グッズを選ぶなど、季節ごとや場所にあった間違いのない太陽光に含まれる紫外線対策を行うといいでしょう。
 
その中でも、できてしまったしみのことは日光の紫外線が取り込まれ易くなっているので、重症化させないよう心掛けて下さい。予防だけでなく、できてしまったシミにも効果が見込めるのは温冷ケアによる「毛穴トレーニング」です。メラニンの体内にたまっているものを外に出す力は、人の身体の表面を覆っている皮膚の外側の層である肌の代謝サイクルによって実行されるものなので、新陳代謝を促すようにすれば必要性のない不必要なメラニンは固着しない状態で、見る見るうちに肌の内側から外に出すようになります。
 
スチームタオルと氷を使い「温める」「冷やす」を何度も行うことで、人の体の表面をおおっている組織である肌がその温度差に驚嘆し、ターンオーバーがこれまで以上に強化。シミを目立たなくする良い結果が期待できます。これ以外に、ビタミンCは、肌の奥底にたまって固着してしまったメラニン色素に歯止めをかける効き目があり、ビタミンEは血の循環を活性化させる効能が期待できるので、常日頃よりの摂取を心がけると、ますます働きを示してくれます。
 
レモンなどのフルーツ、キャベツや赤ピーマンなどの野菜に多く含まれるビタミンCはシミ阻止にとても重宝します。ここ数年は健康補助食品など、摂取バリエーションはよく見かけるので、自分にピッタリのものをチョイスすると良いでしょう。反復すればシミガード、改善効果が高くなります。レモネードやアセロラジュース、ローズヒップティーなど、飲み物で吸収するのもいいでしょう。特に就寝30分前に足りなくなった分を補うようにすれば、代謝サイクルの高まる睡眠時間に影響を及ぼして目覚めもスッキリします。肌の見た目アップも望むことができます。
 

大切な日のために即効性のあるうれしい集中ケア

「大切な日なのに、今日は肌が最悪!」そんな経験ありませんか?人の目を気にしてしまう心配な部分をメイクで対処しようとして、一段と目だってしまったり、化粧崩れが激しくなったり・・・。人目に付かなくすることでその場を解決しようとしても、なかなか簡単にはいきません。そのような状態やケースでは、基本だけ加えて、素早い効き目のあるスペシャル・ケアを取り入れましょう。
 
人生に於いて思い出となる重要な日の前夜、そしてその日のうちに、ちょっぴり取り入れるだけで肌コンディションがワンランク高められます。まず、「くすみが気になる」「顔色が悪い」というようなケースは、ハンドバスとフットバスをお勧めします。お風呂に入ればより助けになりますが、あわただしいときなどに重宝するのがこの方法です。
 
くすみは血管内の血液の流れの滞りがきっかけであって、両手と両足を温めてリンパや血液のとぎれのない流れ促すようにさせれば、人の身体の表面を覆っている皮膚の外側の層である肌ににごりがない明るさがよみがえり、キメも正常化されて引き締まった感じも生まれます。血行をよくすることは良い肌コンディションをキープする上で最も基本的なことです。何にも増してくすみや顔色がきにならなくても、「温める」という一連の流れはアクティブに取り入れましょう。
 
この後、スチームタオルで首の後ろを程よい温度に高めると、さらに顔色が良くなります。水分が失われた状態のパサつきの酷い肌には、「ミルフィーユ・ケア」を。これは、化粧水、乳液、化粧水、乳液と重ね付けして、終わりにクリームでフタをする方法です。水分・油分が潤沢に足りなくなった分を補うようになるうえに、それをしっかりフタをして中から浸透するようにする効能が期待できるので、肌にしっとり感が再び自分のものになるのです。
 
また、硬質化してしまった角質をやわらかくする「栄養パック」も素早い効き目があります。夜、浴槽に浸かるとき、保湿クリームを贅沢に顔にのせるだけ。程よい温度に高める効果的な結果と化粧品の中に含まれている栄養となる成分の分子レベルで取り込む影響で、やわらかく、光沢があって若々しい肌を導けます。

クリームは、せっかく入った化粧品の中に含まれている美容となる成分を逃さないよう、洗い落とさずふき取るだけにしましょう。また、唇のカサつきには、リップクリーム+食用ラップ+スクラブ+スチームタオルでリップケアを。必要以上の角質が除外でき、しっとりみずみずしい光沢があって若々しい唇になります。その他、市場に出回っているマリン由来のソフトピーリングなどもここ一番というときにはいいでしょう。
 
湯による温浴のほか、蒸気浴・熱気浴がある浴室など、人の身体の表面を覆っている皮膚の外側の層である肌がやわらかくなった状態で使えば古い角質が取り去りやすくスベスベなきめ細やか肌を導けます。このように、どれを選択しても素早い効き目がありながら、取り込みが容易なものばかり。人生に於いて重要となる日が非常に素晴らしい思い出となるよう、集中ケアで万全の肌コンディションに近づけましょう。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP