健康と美容のために

若返りホルモンを増やす!生活の基本!

この記事は2分で読めます


若返りホルモンを増やし、心と体をみるみる豊かにする生活の基本とは?
 

①食事

日本の伝統的な穀菜食は老けない栄養素が全て揃う
老けない体をつくるための食事は、玄米、豆類、野菜を中心とした穀菜食。とくに、ミネラルとオメガ3脂肪酸は意識して摂りましょう。これに加えて質の良い水をたっぷり飲むことで、全身の細胞に必要な栄養素がいきわたります。なお、現代人は食べ過ぎ傾向にあるので、一日2食以下にし、1回の食事も少なめの量をよく噛んで食べましょう。
 

②運動

朝日を浴びてのウォーキングで気力と体力を養う
若々しさを維持するのに適しているのは、速足ウォーキングなどの少しきつめの有酸素運動。低輝度な負荷が心と体を活性化してくれます。また、血流を活発にして血管を強くし、血圧を整えて疲れにくい体をつくり、肥満や寝たきりを防止します。
 

③睡眠

日中のダメージを修復するには長さよりも質を重視
睡眠中、体は日中の活動でダメージを受けた細胞を修復し、脳では記憶を整理するなどの活動が行われています無駄に長く寝るよりも質のよい睡眠をとることが大事で、そのためにも他の生活習慣の実践が重要なカギを握ります。
 

④光

スムーズな生命活動を促すために体のリズムを整える
太陽の光は、私たちの生活にリズムを生み出す重要な要素です。この太陽の光によって、生命活動がコントロールされていると言っても過言ではありません。早朝の「青い光」を浴びることで体内時計が整い、全身の細胞で生命活動が正しく行われます。
 

⑤脳

全身の建国を左右するコントロールタワー
わずか数%しか使われていないといわれる、無限の可能性を秘めた臓器。右脳(直観系)と左脳(論理系)をバランスよく使うためにも生活習慣を整えることが大切。視床下部ー下垂体ー副腎系(HPA軸)を柱に、ホルモン分泌を通じて全身の生命活動をコントロールしています。
 

⑥姿勢

よい姿勢は手軽な筋トレに!姿勢を正せば心も整う
姿勢はしなやかな心身をつくるために欠かせないもの。背筋をぴんと伸ばし、肩をリラックスさせるのが基本です。とくにデスクワークで猫背になりやすい人は、座っている時にも意識しましょう。また、「入る時」(食事)と「出す時」(排泄)も、姿勢が重要なカギとなります。
 

⑦断食

”食べない”ことで臓器を休めると生命力が高まって若返る!
小食に加えて定期的な断食を行うと、食べ物の消化活動で疲弊した内臓をいたわり、体内の毒素排出にも役立ちます。さらに断食をすることで、食物から入る独をシャットアウトでき、空腹によって体が適度なストレスをうけることで全身の細胞の生命力が高まるのです。
 

⑧呼吸

生きることは、息をすること。呼吸が全身の細胞を元気にする
私達は、呼吸をせずに生きることはできません。普段は無意識に行っているからこそ、意識するだけでその質が大きくかわります。腹式黒油を習慣にして、ゆっくりと不快呼吸を心掛けると、全身の細胞が活性化していきます。呼吸と姿勢をセットにしましょう。
 

⑨水

水は生命の源。良質な水をたっぷり飲むことは健康の大原則
人間の体の60%は水分でできています。体内の水分は血液となって全身に酸素や栄養素を届けたり、尿や排便をスムーズにしたり、細胞の潤いを保ったり、実に様々な働きがあります。良質な水をたっぷり飲むことは命を豊かにします。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP