健康と美容のために

「毛穴」ケアを日常生活に取り入れよう!お手軽にできる方法

この記事は7分で読めます


魅力的にあるために気を付けてほしいのは、「キープすること」です。そして、続けることを考えれば、力を注がないことです。くれぐれも無理せず、力まず、1人1人に望めることを常にキープすることが必要不可欠です。
 
よく「あすから努めます!」という方がいらっしゃるようですが、それほどチカラをいれて力をじゅうぶんに出して努力してしまうと、クセになる前に力が枯渇してしまいます。「やらなきゃ!」とおのおのに課してしまったり、「手間暇が掛かる」と感じていることをつづけようとして息が詰まる感じになってしまいます。
 
顔を洗う、歯を磨く、というみたいなもの、ほかの内容を思っていても自動的に手が動くと同様の仕来たりにできるものが、1人1人に相応した美容方法だと言ってもいいでしょう。メインテナンスは「わたしはこれだったらいかなる時も三日坊主にならない」という等身大のおのおのに落とし込むことが重要となります。
 

 

毎日無理なく続けよう

そのためにこちらでは、ライフサイクルの中でお肌に嬉しい出来事、心や体にいいこと、お金をかけずに「キレイ」を導くアイデアをお見せします。どちらでも、近くのもので、さらに簡単に出来るものだけだと断言できます。
 
あえて高級化粧品を入手しないでも、日頃の生活に何気なく与えるだけで、あなたがご自身で思い描く「キレイ」に近い仕上がりにするのです。でも、励んで全部を全部盛り込まなくても何の問題もありません。
 
ご一家のシチュエーションや、生活様式なんていうのにしたがって、あなた自身がありのままでできちゃうもののみをいかなる時もあせらずにやってみてはいかがでしょうか。これに関しては歓びになり代わって、勝手に三日坊主にならないようになります。その他には、クセが付いてしまえば、皆さんの「キレイ」は見る見るうちに積み増しられていきます。
 

自宅で簡単お手軽スキンケア

一年中絶対に必要な肌のお手入れは、いっそのこと面倒を掛けることなく終わらせたいですよね。「やらなきゃ!」という意識を持っているとウンザリしたり、「時間に追われている!」などという影響で、怠けてしまうことも可能性としてあるかも知れないのです。
 
でも、キッチンに、洗面所に、トイレに、寝室にリビングにと、お家の中で自分が常習しているエリアに、先だって細かく区分にして沢山置いておけば、手間ひまかけて常備しているエリアに取りにいかなくても、目に付いたときにすぐ手入れ出来ることになります。
 
水分が失われた状態のパサつきに備えての化粧水や、スチーム用のタオル、ボディクリームやハンドクリームなど「すぐそこに揃っているからやる」という境遇を形作っておけば、自然体でいろんな所でスキンケアが遂行でき、ひとりでに習慣化できます。
 
一例として化粧水も、スプレータイプのボトルにスイッチしておけば、思い立ったときにシュッ!でフィニッシュです。メイクの上からでも活用することができます。スチームタオルは洗面所やキッチンなど水回りが何かと便利です。ボディ用品は入浴のための設備から出てすぐ手入れ出来る脱衣所にセッティングしておきましょう。
 

自家製スクラブでひじ、ひざ、かかとを集中ケア

ひじやひざ、かかとなどは、角質が硬質化してゴワゴワがもたらされることが多くす。これには、粗塩とレモン汁、ハチミツ、卵白をブレンドして作る楽々スクラブが重宝します。
 
塩にはゴワゴワに硬質化した角質をやわらかくし、肌をスベスベのツルツルにするベネフィットがあり、はちっみつには肌のうるおいを保つ望ましい成果、ビタミンCが豊富なレモン汁には美白効果があります。スクラブをしたあとに、ラップを巻いて温めれば、グングンお肌しっとり作用が高くなります。舌を巻くほどの艶々肌にターンオーバーします。
 
はじめからやや多く作っておき、フタ付きのケースに入れておけば幾度となく活用できて実に実に重宝します。湯による温浴のほか、蒸気浴・熱気浴がある浴室に常備しておくと、労力をかけて衣装替えることをせずに手入れ出来るので楽ちんです。ただし、こすり過ぎは人のからだを覆う表皮をダメージを与えるので週2~3回までをベースとしましょう。
 
スクラブの作り方
粗塩・・・・・・大さじ1杯
ハチミツ・・・・大さじ1杯
レモン汁・・・・小さじ1杯
卵白・・・・・・小さじ1杯
 
作り方は小皿などに材料を入れてよく混ぜ合わせるだけ。多めに作る場合は1週間で使いきれる量を目安にしましょう。
 
スクラブを小さじ1杯ほど手に取り、気になる部分をこすります。ヒリヒリする場合は、すぐに洗い流してください。
 
スクラブをつけたまま、ラップを巻いて5分間ほど置いてからぬるま湯で洗い流します。化粧水などで保湿も忘れずに。
 
スプーンですくうとゆっくりポタポタと下に垂れるくらいのとろみが目安です。
 

一夜漬けであの硬いかかとの角質をケア

足の裏は、角質がゴワゴワに硬化してしまいまがちです。いざミュールを履こうと考えたら「しまった!」などということも。そういったケースでは、アッという間にピカピカのツルツルのツヤツヤのスベスベ足に早変わりできちゃう目的を遂げるための手だてがあります。
 
まず、足の裏になる角質のあたりに、尿素入りなどのモイスチュアクリームを贅沢に表面になすりつけて付着させます。ある程度経過した頃、五本指ソックスをその状態で足先から通して履いて、その上厚みのあるソックスを重ねます。これによって一晩その状態でそのままほったらかしで床に就くと・・・朝起きた頃合いでは、これ以上ないほどすっかり見事にやわらかい角質となっているのです。
 
その取り去りやすくなった角質を軽石などでこすればスベスベピカピカのツヤツヤ足の裏になります。重要なことは、立ち上がるとヌルっと滑るくらい湯水のようにクリームを塗ること。自分が思っていた以上によく周りの人から視線を浴びている足元から「キレイ」を毎日コツコツと積み重ねましょう。
 

【時短!すきま時間を活用した「ながら美容法」】

食器を洗いながら手指の保湿パック

「普段の二つ以上の動作・状態を並行させて行う、ながら美容」では食器を洗い続けながらにして、かさつき手指を改善しましょう。ゴワゴワのガサガサに硬質化しがちな指の関節などを集中的に、惜しげもなくハンドクリームを表面になすりつけて付着させ、その上から木綿の手袋をはめ、さらにゴム手具黒を重ねて熱めのお湯で食器洗いを。温熱効果でクリームがササッと人のからだを覆う表皮に奥深くまで行き渡り、艶々でスベスベしたまるで赤ちゃんのようなモイスチャ感のある手指になります。
 

掃除をしながら顔のコットンマスク

「普段の二つ以上の動作・状態を並行させて行う、ながら美容」であれば、掃いたり、拭いたり、たたいたりして汚れをとり、きれいにすることをしながら顔の水分量補給をし、肌のうるおいを保つ力を良化する目的を遂げるための手立てです。コットンに化粧水をケチケチせずにふくませ、顔につけてローションパックをするだけ。普段パックの時間がないというかたには、必要条件を満たした「ながら美容」です。ひとおり掃いたり、拭いたり、たたいたりして汚れをとり、きれいにすることが完結されるまでつけっぱなしでいれば、たっぷり水分補給が行なえます。
 

お金をかけずにむくみを取る方法

足のむくみは、思っている以上に切羽詰ったもの。朝はすんなり履けた靴も、夜には「入らない!」なんてこともケースがあるに違いないのではありませんか。こういったどうしようもできない展開する物事の、それぞれの段階で現れる様子を誘発しないために「今日はむくみそうだな」と少しでも感じたら、ゴルフボールを足の裏で力を加えてころころと回転させて動かして皮膚や筋肉に刺激を与え、新陳代謝をよくし、機能を回復させてみましょう。
 
1903年にライト兄弟によって成功し、推進用のジェットエンジンやプロペラを備え、前進に伴う空気流を固定翼によって揚力に変え、空中を飛行する航空機など、長時間に及ぶフライトが求められる状況下なら何にも増していち押しです。これを使えばしっかり体またはその一部がふくれるむくみ予防につながります。手で握っても望ましい成果大。広い範囲のツボに効くので疲れ知らずになります。またパンパンになってしまった足には、パン生地などを伸ばすときにしようする大きなめん棒を活用します。
 
ふくらはぎなどの足の裏側を上下にマッサージすれば、一回りも二回りもパンパンになった状態もすっきり解消です。足しげく遠くの専用のグッズを買うようなことをしなくても、家にあるものが大いに力を発揮してくれます。
 

特性プルーンジュースで便秘も解消!

プルーンは便秘に望ましい成果が圧倒的な果実です。生に近いプリプリしたドライプルーンをカップに入れ、水を加えて冷蔵庫に一晩冷やしておくと、朝には、どろっとした有効成分を沢山含んだ抽出物がカップの下に集結されています。
 
これを口に入れると数時間後にはお通じのサインが!ビタミン、ミネラルに富んでいる実も同時に堪能すると、人の体の表面をおおっている組織である肌にも成果がいきわたります。
 

ハーブやアロマも取り入れよう

アロマオイルには、香りから得るヒーリングの有効性のほかに、筋肉のコリにはローズマリー、肌あれの軽減にはラベンダーなどというように五体への作用も1つ1つあるので、内容にマッチするように取り入れてみましょう。
 
また、アジア料理を象徴的に示すパクチー(香菜)は体を内側から綺麗にする効果がとても高いハーブ。食事で組み入れると表面だけではなく、体の臓器に至る全ての内側からのケアに有効的です。
 

コンディションを整える金魚運動とブルブル体操

瑞々しく潤いを持って魅力的に赤ちゃんのようなプルプルタマゴ肌にしたければ質の良い睡眠がつきもの。この金魚運動とブルブル体操は不眠症のかたにぜひ試していただきたい健康法です。
 
金魚運動は、固めの床に仰向けで寝た後、かかとを90度に曲げ、手を頭の後ろに組んで、頭はおへそを見るように持ち上げ、その形で首から下を金魚のようにユラユラ揺り動かすよう意識します。ブルブル体操は変わりなく固めの床に仰向けで寝て、手足を90度にあげ、深呼吸を行いながら両手と両足をブルブルと震わすように細かく動かすようにしてください。
 
双方とも1分間続ければ体がヌクヌク体温が上がって、昏々と寝れることになります。これを1日1~2回、年間を通してチャレンジすると血管系内を循環している体液もサラサラになり肌コンディションが順調に。便秘改善やダイエット結果も期待できます。
 

アロマを使ってぐっすり睡眠

思いがけずメンタルが不安で冷静になれずナーバスになったり、むしゃくしゃして眠らない、といったときにはホッとするラベンダーや安眠効果を発揮するクラリセージなどのアロマオイルを取り入れましょう。
 
蒸留水と混ぜて枕に吹きかけたり、マグカップにお湯と混ぜて寝室におきておいたりすると心地よい眠りにつけるようになります。
 

肌トラブルのやってはいけない日常生活の落とし穴!

「毎日間違いなく然るべきお手入れをしているのに、なぜか肌コンディションがよくならない」。ひょっとしたら、この記事を読んで下さっている方にもそのように感じていらっしゃるなのではないでしょうか。
 
背景にあるのは、想像している以上に単純。いつの間にやら人のからだを覆う表皮にダメージをに見舞われてしまうクセや毎日行う決まったならわしがあるということを示します。こちらのサイトでは、その「日常生活の落とし穴」というケースをお伝えすることにします。まず、根源的なことではありますが、睡眠時間や昼夜逆転の異例の状態になった日々暮らしている生活パターンは、お肌の大敵。肌トラブル、くすみにつながります。
 
あるいは、フードスタイルも自明のことですが重要だと断言できます。ジャンクフードばかり食べ、夜中でも油っこいものを取るきらいがある方はオイリー肌がもたらされ易くなります。五臓六腑のダメージも大きいので、ニキビが発症し易い肌に見舞われてしまいます。クセが引きお起こすトラブルに関しては、まず、固形食物を口に運ぶとき片方の歯だけで咀嚼していたら意識して下さい。
 
未使用のままのほうの筋肉がドンドンゆるくなたり、皮膚が垂れ下がったり、ほうれい線が深くでるようになってしまうのです。また、どちらかばかりの横向きで寝るクセのある方は、上側になる頬がゆるみがちに。表情が乏しい、やわらかいものしか口に運ばないといった方も、同じ筋肉の理由で、たるみやすくなります。
 
頬杖を突いてばかりの方は、皮膚がよれてシワができやすくなり、ひじの角質もゴワゴワのカサカサした硬質化になります。目をこするクセ、顔をポリポリかくクセは、肌を傷つけ、シミやくすみのきっかけとなります。視を向いている確率が高い方、髪の毛を上から下へ撫でるクセは、筋肉の巻き込みに拍車を掛けてしまうので、おでこにシワができたり、たるみが気になるようになってしまいます。
 
タオルでゴシゴシ顔を拭く方も代わり映えが無く、ケアを下に向かせて「なまけ毛穴」を作ってしまう原因に。そのほか眉間の縦ジワは、いつも起こっていたり、煙に眉をひそめることが多い煙草尾を吸う方に見られる現象です。
 
これ以外にも、これだけではなくご紹介すると尽きることがないほどですが、全般的に脳裏をよぎることがありましたか?ライフスタイルの中に存在する危険はあなた自身の留意が原因で改善できます。毎日行う決まったならわしやクセを見つめなおして、肌に負担を与えていることがあれば、まずは、それに気づいてあげられるようにしましょう。

あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

健康と美容のために

最近の投稿

RETURN TOP